« 子に果物を与える親の心理学 | Main | はじめてのコンタクト »

June 20, 2005

SAW

目覚めると、地下室、、、
鎖に繋がれた自分と、もう一人の男、、、、その間に横たわる一人の男。
低予算ながら、非常に練りに練ったストーリーで一気にテンションを上げてみせる作品。奇をてらって、ひたすら猟奇的な描写で迫る悪質な作品とは異なって、きちんとしている。ただ、オーディションを思い出させるのこぎりのシーケンスはちょっと怖かった。
リンク: SAW.

|

« 子に果物を与える親の心理学 | Main | はじめてのコンタクト »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SAW:

« 子に果物を与える親の心理学 | Main | はじめてのコンタクト »