« 能生かにや横丁 攻略 | Main | ヒスイ海岸攻略 一獲千金を目指して!! »

May 09, 2009

西山自然体験交流施設ゆうぎ、、3泊目は門限付き

新潟 能生 荒崎キャンプ場で迎えたこのカニ道楽の旅三日目の朝。ちびっ子達も、朝6時には目覚め、キャンプ場内でやんやの大騒ぎ。チェックアウトは10時なので、しばし初夏の草の香りを楽しみながら朝のキャンプサイトの空気を楽しむ。 今回の旅では、スペースの関係上いわゆるテントのフロアに敷く銀マットを置いて来たため、ゼビオで1980円のPVC製のエアーマットを入手して持って来たのだが、いざ苦労して膨らませてみると、テント内には大きすぎて入らず、地面にエアーマット、その上にテントというてんこもりな体制で昨晩を乗り切った訳だが、安物のせいなのかどうかわからないが、いつの間にかエアーが抜けてきて朝方には背中の一部が地面に接地するようになってしまった。やはり、地面からの冷気は相当のもののようで、とたんに寒くなり目覚めたという始末。 一方、イナ妻のLOGOS ミニッツテントFRZはフロアに毛布一枚を敷いただけだが、寒さも感じず結露もなしという健闘振り!うーん侮れず!。 Photo
 インスタントのみそ汁にうどんをぶっ込むお決まりの朝食の後で、撤収開始。本来は、連泊したかったのだが、今晩はまた70Km程離れた西山のロッジを予約してあるのだ、、。 昨日、設営に手間取った弟のツールームファミリードームテントはやはり撤収も結構大変で、しまい寸法も大きめ。 やはり、僕の性格には、小振りのテント2張りというのがあっているみたい。 パズルを解くように、大量の荷物を愛車に詰め込ん2日目へ出発!!。 今夜のベースになる西山自然体験施設ゆうぎを目指しつつ、釣り上がる、、、。今日もちびっ子の数釣り目的で、安全性を考慮すると磯場やサーフ、防波堤、テトラ帯は無理、、やはり、安全性の高い漁港のヘチ釣りが主体になる。次々とフグをつり上げていくちびっ子達。まあ、外道だけれども釣りの醍醐味は味わえたよう、、、フグに混じって、メバルなんかも上がるもんだからちびっ子の腕前もなかなかのもの。そんなこんなで日も暮れて、今夜のキャンプ地へ向かうが、これがなぜかナビに引っかからない、、地図にも載っていない。時刻は18時を回って、そろそろこしを落ち着けたいのだが、いっこうに見つからない”自然体験施設ゆうぎ”。 電話をかけてみるも、既に応対時間を過ぎてしまっているのかつながらない。 ネットで調べると、管理人は夜間常駐せずと書いてある、、おいおい、もしかして管理人さんもう居ないんじゃないか? 到着したとして、果たしてロッジの鍵はあいているのだろうか? そもそも、遅くなるなら事前に連絡を入れておくべきだっただろうが、ホテルならともかく、キャンプ場だし、、いい加減な夫婦だしということで、行き当たりばったりの恐ろしさと、なまじ予約なんてするから種々の規制に縛られ自由が利かなくなることを改めて実感。やっぱり、無軌道な旅が僕には気楽だし、宿を目指して移動しなきゃ、、なんてことも出来れば避けたい。とはいえ、今夜の宿はもう決まっている訳だし、ホームページの地図を参考にひた走り、なんとか到着、、すでに19時を回っていた。 おそるおそる管理棟をのぞくと、優しげなおじさんが待っていてくれた、、なんでも、わざわざ僕らの到着を待ってくれていたとの事、、遅くなるなら事前に連絡すべきだったのに、大変申し訳ない事をしてしまった。 この、”西山自然体験施設ゆうぎ”、テントサイトもロッジも真新しく快適で雰囲気もとてもよい。夜間門限があるため、どちらかというとのんびりキャンプを楽しむ向きに最適だろう、、門限までのあいだに慌ててコンビにに買い出しへ出かける。ほんとは、ゲートの外にあらかじめ車を出しておいて、今夜も夜釣りへ、、と企んでいたが、さすがに疲れもたまったようで、ちびっ子とロッジ脇に例のミニッツテントを放り投げて、中でおしゃべりしているうちに眠りに落ちてしまった。
Photo_2

|

« 能生かにや横丁 攻略 | Main | ヒスイ海岸攻略 一獲千金を目指して!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西山自然体験交流施設ゆうぎ、、3泊目は門限付き:

« 能生かにや横丁 攻略 | Main | ヒスイ海岸攻略 一獲千金を目指して!! »