« 朝帰り | Main | 働き者 »

July 31, 2011

家庭内LANネットワーク 無線LANが常識?カテゴリー6の憂鬱

半年におよぶ建築期間を経て、ようやく6月に入居した我が家。 なんやかんやで、ガレージやらホームシアターやら、趣味の領域優先に立ち上がって、本日やっとのことで、電話とインターネットの工事が完了!!これで、やっと固定電話がつながり、FAXの送受信も可能となった。 もっとも、いまや固定電話を必要としているのは、イナ妻だけなんだけれども。 
6
さて、なによりも大切なのが、インターネット接続。NTT東日本のフレッツで光ケーブルを通してもらったのだけれども、我が家8ヶ所に張り巡らしたはずの、家庭内有線LANネットワークが機能せず繋がらない!! 原因探索の結果、なんとも、将来を見越した、、というか、”大は小を兼ねるのだろう、、多分、、”という、誠におおざっぱな僕のポリシーに則って導入したカテゴリー6のLANケーブル、、こいつの末端処理がなんと、通常のカテゴリー5e仕様になっていたという、衝撃の事実が明らかになった。 一生懸命、LANケーブルの末端処理をしてくれた、電気屋さんもカテゴリー6という規格に不慣れだったのだろう、、専用のコネクターが必要であることを認識出来ていなかった公算大。
工事に来てくれたNTT関連業者さん曰く、カテゴリー6、、さほど普及しているとは言い難く、社内でもその敷設に対応出来るスタッフは殆どいないとのこと、、まあ、時代は高速無線LAN、Wifiの時代であるからして、当然といえば当然であろうか、、iPhoneを使い始めてから、なおのこと時代は無線だなー、、との想いを強くし、当初はなんとも宙ぶらりんなカテゴリーだな、、と思っていた、内臓ドライブを持たず、全てを無線環境でこなそうというMac book airも、i PadやiPhoneが市民権を得た現在、その真価がはっきりと解ってきた。 ってか?Mac bookはもう、廃盤なのか?

とは言え、iPhone片手に通勤する中、次々と個人のモノであろうと思われる、Wifiスポットを我がiPhoneが捉えて行く中、こりゃ、屋外に容易に漏れ出る無線通信情報の安全性には、大いなる不安を禁じ得ない。 ま、我が家はカテゴリー6による有線、無線併用で今後もしばらく参ろうと思う。 電気屋さんだいじょぶかな??

|

« 朝帰り | Main | 働き者 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 家庭内LANネットワーク 無線LANが常識?カテゴリー6の憂鬱:

« 朝帰り | Main | 働き者 »